ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

タイムズのカーシェアリングを旅行先で利用してみた感想。

photo_038

旅行先でカーシェアリングのタイムズカープラスを実際に24時間借りてみましたのでご紹介。

 

カーシェアリングとは何か

カーシェアリングというものは・・・

カーシェアリング(英: carsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在であるが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多い。

との事。

 

カーシェアリングを利用しようと思ったきっかけ

この記事を書いた1週間前に湘南へ旅行に行って来たのですが

その時にレンタカーを借りて色々回るつもりでした。

 

ですがタイムズのカーシェアリングの事は前から知っていたので

実際に利用したらどれくらいかかるか気になり調べてみると

意外とレンタカーと変わらいない感じでした。

 

一度も利用したことがなかったので面白そうだったのと

借りたい場所にMiniのクロスオーバーがあったので乗ってみたいと思い

利用する事にしました。

 

カーシェアリングの旅行先で使用するメリットを考えてみた

 

レンタカーだと借りられる場所が限られていますが

Timesの場合はたくさんあるのでホテルから歩いて3分程度の所で借りることができました。

しかも無人なので当日の面倒な手続きもなかったのでとっても楽に出発。

 

実際にカーシェアリングを利用してみて

初めてにも関わらず迷うこと無く利用できたので安心して旅行が楽しめました。

 

ゆっくり使用したかったので24時間パックの定額制で8,000円と

パック料金の場合は距離料金が発生するので1kmあたり15円がかかります。

ポイントは燃料代は込みなところなんです。

 

今回は横浜中華街から真鶴までのドライブでしたので往復で200km位の予定でしたので

距離料金でプラス3,000円と試算し合計で11,000円と考えていました。

 

実際に掛かった料金は下の画像の通りで大体予想していた金額。

スクリーンショット 2014-01-29 20.35.48

 

料金表一覧

 

タイムズカープラスの内容をまとめると下記のような感じ。

・料金は最低15分200円から借りられる

・月額基本料1,000円に無料利用分1,000円分がついてくるので実質無料

・全国のTimesで利用できる

・エコカーから輸入車まで多彩な車種に乗れる

 

レンタカーと比較してみました

実際にレンタカーを借りる場合

営業所に行くので駅に着いてすぐに借りるのであれば問題ないですが

遠い場合が今までも結構ありました。

また乗り込む前に説明なども聞かなくてはいけないという手間もあるし。

 

タイムズのカーシェアリングの場合は

全国のタイムズに車が置いてあるので好きな時にスマホから予約して

借りることができエコカーやMiniのクロスオーバーなど借りられる所もある。

 

レンタカーで輸入車などを借りてしまうと高額になってしまうことを

考えると、Miniクロスオーバーやプリウスなどで快適にドライブができて

24時間乗っても10,000円程度だったら

タイムズのカーシェアリングを使ってみても良いかなと。

 

 

利用方法はどんな感じかというと

まずはタイムズのWebサイトから申し込みをするのですが

免許証とクレジットカードが必須ですのであらかじめ用意しておく事。

 

下記のバナーよりお申し込みができます。

 

top_ex011

 

上記バナーのようにお試しキャンペーンがやっていることもあるので

上手に利用しましょう。月額1,000円かかりますが毎月1,000円分の無料利用分が

使えるので実質0円です。

 

【話題のカーシェア】タイムズカープラスなら月額基本料に無料利用分付き

 

車を所有しないという選択も今後は出来るのではと思った

車を所有しているとかかってしまうコストに下記のようなものがあります。

 

・車の購入費用

・車検費用

・任意保険

・税金

・駐車場代

・ガソリン代

・タイヤやオイル交換などの消耗品

 

とザット書いただけでもこれだけかかります。

 

その他にも故障の際の修理費用やドライブに行くと高速料金がかかる場合もあります。

 

住んでる地域にもよりますが普段は公共交通機関を利用している人であれば

維持費の節約としてもカーシェアリングを考えても良いかもしれないなと思いました。