ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

50,000円で札幌から東京へ行き、2泊3日遊んで食べて楽しめるか。

スポンサーリンク

15141592662_5bcaf7971e_k

 

先日50,000円の予算で札幌ー東京を2泊3日で遊べるかどうか試してみます。という記事を書きましたが、その結果報告。

 

 

激安旅行と言っても、切り詰めてギリギリの旅行ではつまらないので、できるだけ快適に楽しめるように計画しました。どんな感じかというと新千歳空港までは指定席で立つことなく移動したり、飛行機は一番前の席を指定して広々空間を確保したり、美味しいものをしっかり食べ、行きたいところへも行くといった内容です。

 

結論から話をすると使用した金額は約43,000円。

 

7,000円も余りました。余った要因としては1日目の成田空港への到着時間が21:00頃だったので晩ゴハンは軽く食べて終わった事と、食べてばかりだと太ってしまうので徒歩30分〜60分位の距離は歩いた事も考えられます。

 

実際に使った内容ですが、飛行機は往復ジェットスターを利用、宿泊は都内のカプセルホテル、食事は朝食2・昼食2・夕食2回取り、移動に使用した電車・バスの運賃、お土産と普通の旅行と変わらない内容で計測しています。

 

まず今回はJR琴似駅からの出発にしました。そこから新千歳空港に向かうのですが指定席込みの値段が1,530円なので往復で3,060円。新千歳空港と成田空港の往復航空券の料金は14,680円でした。この中には座席指定できるオプションも追加しているので行きも帰りも一番前の席でゆったりと空の旅が出来ました。そして成田から東京駅までのバスの運賃は1,000円なので往復で2,000円。

 

東京駅から神田駅までは歩いて移動して駅近くのカプセルホテル「カプセルバリュー神田」へ。ここは1泊3,000円。ただ寝るだけなのでこれで十分です。お風呂も共用のお風呂場があるのでビジネスホテルなどの狭いシャワーより広く使えます。で、小腹がすいたので初の富士そばへ。かけそば270円とリーズナブルだけ美味しい。神田駅周辺を客引きを交わしながら散歩してからホテルへ戻り就寝。

2日目の朝は5:30に起床

いつも通りの時間に起きて、用意を済ませて7:00にチェックアウト。そこから歩いて3.5kmなので40分程度のウォーキングをする。途中で日本橋を見てみたかったので立ち寄ってみた。

 

14955309969_8a0aa5b073_k

 

ここは私のクライアントが会社を立ち上げた時に原点となった場所と聞いていたので見ておきたいと思っていました。観光とまではいかないが一度は見ておきたかったのでウォーキングを兼ねて楽しめたので良かった。そこから30分程度歩き築地へ到着。

 

15119008486_ae1b535d39_k

 

朝の8:00前なのに外国人観光客も多くかなりの人でしたよ。いつも築地に来ると「大和寿司」に行くのだが、今回は前から気になっていた「きつねや」へ。ここはもんぜき通りにある行列店。おそらく土日はかなり並んでいると思うが平日の早朝なんでちょっと並んだだけで食べることが出来できた。

 

15142012535_0a32a52649_k

 

注文したのはホルモン煮・ごはん・半熟卵。店舗前の路上で頂きました。写真からも想像できるように美味しかったです。で、料金は870円。

 

しばらく築地を散策してから銀座へ徒歩で移動。目的は銀座三越「アメヤエイタロウ」の板飴をおみやげに購入するため。ここでの購入金額は2,000円。

代官山蔦屋のスターバックスへ

14955506208_6ef7fa5dc7_k

 

東銀座から中目黒へ電車で移動で200円。コトニスタバのJ君と待ち合わせして代官山蔦屋のスターバックスへ。中目黒駅から歩くこと15分、明治通沿いに白い存在感のある建物が見えてきました。外壁ですが蔦屋の頭文字「T」になっています。

 

細部にまでこだわっている感じがして、期待大です。建物は3棟に分かれています。店内はまるで図書館のようで気付けば2、3時間は軽くいられるほどとても落ち着きます。3号館にお目当てのスターバックスがあるのでまずは向い、ここではアイスコーヒーをいただき280円。小一時間ゆっくり休んで店を出ました。

 

その後は代官山駅まで向かい渋谷へ電車で移動で130円。歩いても良い距離なんですがお腹が空いていたので次の目的地「クアアイナ」へ急ぎました。「クアアイナ」は宮益坂の上にある、美味しい美味しいハンバーガーショップです。クアアイナではアボカドバーガーのセットを注文。高級ハンバーガーなので1,422円。

 

14955663307_1b35f1dbe7_k

 

ハンバーガーを食べた後は原宿へウォーキング開始。路面店を色々見ながらキャットストリートを歩き表参道ヒルズへを経由して青山方面に向かい約2時間位歩いて食べたハンバーガーを消費した。本来であれば代々木公園でゆっくりしたかったのだがデング熱ウィルス騒動で危険なため寄らない事に。

 

久しぶりにきた原宿はお店なども結構変わっていて新鮮だった。クリエイティブな仕事をしている職業柄、色々なものを見ることで常に新しいものを取り入れてたいと思っているので、こういった都会を練り歩くだけでも楽しい。歩いている時はあまり気にならなくても後で、そういえばこんな物があったなど思い出すことも結構ある。

 

札幌は十分都会だけど、やはり東京へ来ると規模の大きさにいつも圧倒されます。やはり定期的に大都会に来ることで圧倒的な情報のシャワーを浴びることができるので今回もとても楽しく過ごしています。ここでは特にお金を使うこともなく終わりました。

 

今度はインスパイアードバイスターバックスへ向かうためにそのまま歩いて世田谷方面にウォーキング。インスパイアード バイ スターバックス 池尻2丁目店に行きました。ここは住宅街にある通常のスターバックスとはまた別のコンセプトで大人の感じのスタバでした。池尻大橋から渋谷まで電車で戻り130円。

 

今回泊まる渋谷のカプセルホテル「センチュリー渋谷」へ行きチェックイン。こちらも格安で3,500円を支払い荷物だけロッカーに入れて再度出発。

 

 

今回の旅のメイン「山源」へ

 

14955583320_50a16bde41_k

 

そんな贅沢な時間もあっと言う間に過ぎて、空も暗くなったので今回の一番の目的であるホルモン焼きのお店「山源」へ向かいます。この山源ですが、知り合いからオススメで行くことになったお店。事の始まりは「孤独のグルメ」というマンガが面白いうという事からでした。五郎さんという主人公が一人飯を楽しむ内容なんですが、これが私の性格にピッタリとハマりDVDも出ているということでseason1〜season3まで一気に見てしまうほどでした。

 

この「孤独のグルメ」にこれから行こうとしているお店「山源」も登場していて、プリップリのホルモンが本当に美味しそうでした。こんな長いくだりがあっての訪問だったので期待度はマックス。しっかりと2週間前には予約を済ませておきました。

 

場所は板橋駅から徒歩で2分の場所。渋谷からの電車代は170円。本当に東京の移動は安くて便利だなと思う。初めて行くお店だけどiPhone片手に行けば全く迷うことなく行けるので便利な時代だなと思う。昔はポケット地図を片手に何度も調べて、電車の運賃を調べ駅員さんにホームを聞きながらやっとの思いで到着していた。iPhoneがあれば発車時刻からホームまで全て教えてくれるので本当に迷わなくて済む。

 

そして早めについたので19:00の予約を変更してもらい18:00に。伺うと既に3組のお客様が見えていて賑わっていました。山源にはスタバのJ君と2人で食べて7,000円とお酒も飲まずガッチリ食べました。

 

板橋駅から渋谷へ戻り170円。長い1日はこれで終わり、カプセルホテルへ戻る。渋谷駅からカプセルホテルまでは徒歩5分と立地もよく大型液晶テレビがあるマッサージルームやお風呂も大きいので寝る直前までくつろげる。眠たくなればカプセルへ入ればいいので慣れてしまえば本当に便利だと思う。23時に就寝した。

 

 

最終日3日目は代官山蔦屋から

 

ぐっすり寝て5:00に起床。朝風呂に入り支度を済ませ7:00にチェックアウト。フロントには無料の朝食サービスがあるがスルーして代官山へ向かう。昨日行って気に入ってしまった代官山蔦屋で午前中はのんびりしようと思う。渋谷から代官山蔦屋までは20分くらいの道のり。通勤途中のビジネスマンにや学生などと混じりながら地元人風に歩いてみた。

 

15119249076_1b0d8b64a8_k

 

代官山蔦屋のスターバックスに到着するとほぼ満席状態。こんな朝早いのにビジネスマンや犬の散歩途中の人などで埋まっていた。ちょうど1席だけ空いていたのでサッと座る。サンドイッチとアイスコーヒーで777円と朝からゾロ目。店内の本は自由に読めるので午前中はたっぷり時間があるし、たまには Book & Cafe しようと思う。

 

ランチの前に寄りたい所を見つけたので代官山蔦屋を後にして中目黒駅まで向かう。途中、女子2人に道を聞かれてすぐに答えた。なんか地元の人っぽく見られたのが嬉しい。

 

14955569249_f4f92b7c2e_k

 

次に向かった場所は「2k540」。ここは「ものづくり」をテーマとした、ショップ・アトリエが立ち並ぶ商業施設。ここへは電車で仲御徒町まで240円。

 

山手線高架下に作られたこの施設はクリエイティブな空間でした。平日ということもあって静かでゆっくりと見る事ができ良かったです。30店舗以上あり、どれも素敵なお店でした。で、2k540を出て秋葉原まで徒歩で向かいました。

 

ランチは「野菜を食べるカレーcamp」へ。電車で代々木駅まで170円。電車を降り商店街を過ぎて行くと5分程度でお店に到着。

 

ここは野菜がたっぷり食べられるカレー屋さんと言う事で前から気になっていたお店。野菜を食べるカレーに完全食セットといってよく煮込まれた手羽元を頼んだ。あと同時にラッシーお願いした。

 

14955600149_5d84b4433d_k

 

待つ事5分程度でやってきた。野菜は中華鍋でガンガン炒めてそこにカレーが絡まっている感じ。赤ピーマン、黄色ピーマン、緑ピーマン、小松菜、玉ねぎ、ジャガイモ、かぼちゃ、しめじ、ニンジン、ナス、トマト、キャベツ、ズッキーニ、サツマイモなどが入っていて一気に野菜を炒めているだけあって食感もよく美味しい。カレーもとってもスパイシーでとても合っている。休むことなく食べられる感じだった。ランチタイムは少し割引なのか合計金額1,280円だった。

 

最終日も楽しく終わりあとは東京駅に向かうため原宿まで歩き、そこから二重橋前駅まで移動。200円。八重洲中央口まで移動して成田空港へ向かうバスへ。

 

 

まとめ

 

 

 

往復ジェットスターに乗ってみて思うのは結果的にJALやANAなどと変わらないという事。

 

到着は成田空港だが東京駅まで1,000円で行ける。約70分かかるがアクセスの良い東京駅のなで全く問題ない。飛行時間も新千歳空港からは80分、成田空港からは70分と羽田より早い気がする。

 

ジェットスターで予約したシートは行きも帰りも一番前の窓側。これはオプションで追加料金を払うことで予約できる。一番前に座ると足が伸ばせるだけ余裕がある。実際には推定60cm。JALでclassJはゆったりしていて楽だがこれでも十分快適。

 

機内での儀式的なドリンクサービスもなく、欲しい人だけ購入するシステム。こういう無駄がなく簡素化されているのは結構好きだなと思った。

 

9/1からはスマホも機内モードで使用OKになったので、こういったブログ記事などはその場で書けるようになった。実際、この記事の一部も機内でEvernoteから書いている。ちょっと居眠りしたらすぐ到着なので70分は昔よりもあっという間で、効率的に時間も使える。

 

後はジェットスターのシステム自体を慣れてしまえば完全に快適な旅になると実感した。今回は50,000円で2泊3日を楽しめるかという内容でやってみたが十分にできる事がわかった。

 

今まで2回行けていた東京や横浜が、上手に利用することで3回または4回行くことができる。ただ宿泊先は女性でカプセルホテルは厳しいかもしれないが、上手くネットを活用してキャンペーン価格を探せば5,000円以下で探すことは十分可能。

 

稀に見る長文でしたが、お金をかけなくても充実した旅行が出来ました!