ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

リアビューカメラ(LV-RC200)を購入・取付しましたが、取付料金はジェームスが安かったです!

オデッセイの納車より4日経過し、まずはリアビューカメラを取り付けました。バックにギアを入れた時にモニターに映るやつです。新しいナビゲーションはついていたのですが残念なことにリアビューカメラはついていませんでした。。。

 

取り付けた理由ですが、これまで乗っていた車の殆どにリアビューカメラが付いてたという事と、バックする度に見えない部分を気にしなくてはいけないのは非常に不便なので、費用はかかってしまいますが取り付ける事にしました。これまでは当たり前についていたリアビューカメラだったため、あまり知識はなかったのでネットで調べてみると、意外と手間がかかるという事が判明。車のリアについているナンバー付近にカメラを取り付け、配線を一番前のナビまで引っ張らなくてはいけないため、取り付け時間も3時間程度かかるそうです。

 

札幌でのリアビューカメラの工賃と本体価格の調査

 

ということで、カー用品店の取り付け工賃を調べようと思いオートバックス、ジェームス、イエローハットの3社の工賃を調べてみる事に。

 

まずは、オートバックスへ。割と近所にスーパーオートバックスがあったので、ここから行ってみました。取り付け工賃は約13,000円、オートバックスオリジナルのリアビューカメラが約8,000円で合計金額は約21,000円。3時間程度の取付工賃を考えるとやっぱりこれくらいしますよね。っていうか1時間あたり4,000円ちょっとしか取らないのは申し訳ない感じもします。

 

続いてジェームスへ。こちらは取り付け工賃が約7500円で、リアビューカメラが10,000円という激安価格。オートバックスよりも3,000円近く安いです。時給に換算すると本当に利益が取れるのか逆に心配ですが。。。リアビューカメラの価格だけで考えるとジェームスのは2,000円高価な製品になるのでジェームスの方が満足度は高いのではないでしょうか。

 

そして最後にイエローハットですが、こちらは自宅近くになかったという事と、イエローハット付近に時間を潰せるカフェなどがなかったため、今回は候補の中に入れませんでした。ちなみにアマゾンでは7,000円台とかなりお得でした。確認は取っていませんが持ち込み料金が発生すると思い今回の選択肢からは排除しています。

 

L&V 高感度CMOSセンサー搭載リアビューカメラ LV-RC200
L&V(エルアンドブイ)
売り上げランキング: 38,783

 

リアビューカメラ取り付けの作業時間について

 

最終的にジェームスでお願いする事で決定!歩いて10分程度の場所にスタバもあるので取り付けを待っている間はこちらで仕事をしながら待つ事に。土日に行くとさらに時間がかかってしまうと考え平日に予約した所、予想通りガラガラでした。忙しい時にお願いするよりは、暇な時にお願いした方が作業する側も余裕がある分、しっかり作業してもらえそうですし。

 

実際にかかった時間ですが、14:00頃に車を預け17:00頃に作業完了の電話がかかってきたので予定通りのほぼ3時間。ただ、店舗へ戻るとすぐに鍵を渡され「ありがとうございましたー」で終わってしまったので「こんなものかなー」とも思うのですが、私の中では今回取り付けをした人が来て色々と説明してもらえるのかなと思っていたので、その部分がちょっとだけ残念に感じました。ですが店員さんも感じのいい方だったので後日、問題があれば言えばいいかなと思った程度に考えています。

 

そして車に乗り込んだのですが、既にもう夜だったので取り外した部分など内装に傷がついているなどは見ることができなかったのが、ちょっとだけ心配な点でした。このような取り付けをお願いする時は明るいうちに作業が終わるように考えてお願いした方が良いという所が反省点です。

 

 

リアビューカメラの性能

 

さて、リアビューカメラの性能ですが私が考えていた性能よりも驚くほど良かったという結果でした。広角具合もいい感じでしっかり端の方まで確認できます。

 

 

夜に確認しても明るさもくっきりしていて、とても見やすかったです。ガイドラインについての有無は賛否両論アルようですが私たち夫婦の場合、ガイドラインをベースに駐車しているのでカメラの機能に最初から付いていたのは非常に助かります。

 

 

カメラ本体がボディー色と同じ黒だったのでこの点も気に入ってます。カメラの価格自体、ジェームスの中で1番安いものでしたが非常に満足のいく商品だったと思います。リアビューカメラのためだけに二万円近くかけてしまうのはもったいないとも考え方もありますが、やはり少しでもストレスなく運転できることを考えると安いものかと思います。