ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

とあるネパール人との出会いについて

スポンサーリンク

3月に入ってから、ネパール人をクライアントが増えました。インドカレー屋さんを営んでいるのですが、今までの屋号とは別の屋号で店舗がオープンすることになりました。Webサイトを制作する依頼が私にあり知り合うことができました。現在は制作中なのでそのサイトをご紹介することができないのですが完成次第紹介したいと思います。

ヤマダソウイチロウです。本日もお読み頂きありがとうございます!

オーナーであるB様が日本へ来てまだ1年半程度なのですがとても日本語が上手です。通常の会話であれば全く問題ない程度に話すことが可能なのですが、やはりWebサイトを制作する上での微妙なニュアンスなどがLINEやメール等では共有することが難しく着手から1、2週間はお互いに意思の疎通が難しく本当に大変でした。最近はお互いの考えていることが分かるようになりある程度私も予測できるようになったので非常に仕事の進行が早いです。

日本語が通じなくて思うこと

当たり前のことですが、日本が通じないということは本当に不便です。例えば「10代の人に向けて」という場合「10代」がB様にとっては分からないのです。なので分かりやすく「10歳から19歳という意味です」と伝えなくてはいけません。

また、普段はLINEでやり取りしますが全てひらがなで入力するので逆に難しいです。ただWeb制作は英単語が多いので英語と日本語を織り交ぜることで直感的に会話ができるところは面白いです。例えば「幅が1000pxで高さが500pxの画像を下さい。」という場合は「Width 1000px で Height 500px の image をくだいさい。」と言った感じです。 

よくよく考えるとプログラムも英語も言語です 

これは両方やっているから分かることなのですがプログラムはパソコンの中で動かす言語です。英語も人と人とのコミュニケーションを行う言語なので感覚としては同じということがわかりました。

私は現在プログラミングの知識をベースにクライアント様と会話をしています。それでも何とかなるということが分かりとてもおもしろい感覚でビジネスを進めています。

それでも英語は話せるようになると面白いと思う

私は英語が話せませんが色々な国人とお話をしたいと昔から思っているという事に最近気が付きました。だって知らない国の知らない考え方を聞けるのは面白うそうじゃないですか。そこから新しいビジネスが生まれるかもしれませんし。。。

そうなると英語はカタコトでもいいから話せるようになりたいと今回のクライアントを通じで心から思いました。何となくでも良いのでコニュニケーションを取りたいです。

そして読む力も同時に身につけたいです。と言うのも、Web関連の最新技術は英語で書いて有ることが多いので諦めるようにしています。もったにないです。

Webを教えるので英語教えてくれる方

英語と日本語が話せて、Webについて覚えたいという方がいましたら一緒に情報交換しませんか?私は札幌ですのでできれば直接お会いして情報交換できる方を希望しています。

ゆるい感じで構いませんのでスタバとかでWebを教える話し方を英語で教えるとか面白いと思うのですが如何でしょうか。もしも気になった方、so@detail-drawing.comまでご連絡下さい。