ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【カレー】東区にある欧風カレーKEN(ケン)は、クロックとは一味違うこだわりカレーでした。

スポンサーリンク

f:id:yamadasoichiro:20170925075116j:plain

以前からInstagramで気になっていた、チキンカレーがとっても気になる、東区の欧風カレーKEN(ケン)へ行ってきました。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

 

欧風カレーKEN(ケン)の場所

f:id:yamadasoichiro:20170925074245j:plain

場所は東区と行っても割りと北海道大学に近い場所に位置しており、地下鉄東豊線の北13条東駅より徒歩5分程度の距離です。中心部から車で行く場合は、石狩街道を北へ向かい環状通を右に曲がると、すぐ左手に見えてきます。

駐車場は店舗裏にあるのですぐに分かりますし、13台も完備しているので満車になることはほぼないでしょう。

Instagramで見かけたのがきっかけでした

以前、Instagramを見ていた時にとても美味しそうなカレーを見かけたのですが、それがこちらのお店「欧風カレーKEN(ケン)」でした。特に斬新ではないのですが、見た目の綺麗さから一度は食べてみたいと以前から思っていたお店です。

行きたいとは思いつつも、なかなか行く機会がなく時間だけが経過していたところ、以前から気に行っているお店の「クロック」がオータムフェストに出店で臨時休業していたため、こちらのお店「欧風カレーKEN(ケン)」の存在を思い出し向かうことにしました。

メニューはルーカレーのみ

f:id:yamadasoichiro:20170925081755j:plain

メニューはこだわりのルーカレー一本。しかも全てのメニューが1,000円を超えるという超高級カレーです。

以前はスープカレーがあったということですがやめてしまったようですね。個人で経営されているようですし両方やるのは体力的にも時間的にも大変ですね。やはり個人経営の飲食店はスリム・シンプル・スローが基本なのでw

メニューの上部に書かれているのですが、玉ねぎを1日半もゆっくりジャムのようになるまで炒める書かれています。それほどの時間をかけてゆっくり炒めるということは20キロの玉ねぎが約2キロぐらいになると考えられますので、1杯あたりの玉ねぎの量もたっぷりなのが想像されます。

しかも、それだけの時間をかけて火を使っているということは物凄いガス代がかかることが考えられます。また、鶏ベースのダシを2日間煮込むということなので、またまた物凄いガス代ですね。

 

迷わずチキンカレーを注文

f:id:yamadasoichiro:20170925082825j:plain

注文してから10分程度でやってきました。見た目はInstagramで見た通りで、とても美味しそうです。カレーソースとライスが別盛りになっているので、見た目にも楽しむことができます。

店員さんは「一口ずつカレーソースをライスにかけて召し上がってください」と言っていましたが、そんなちまちま食べるよりも、やはりルーカレーは一気にかけたほうが美味しいので、かけてしまいますw

f:id:yamadasoichiro:20170925083340j:plain

一応、チキンレッグのパリパリ感を残しておくため、チキンにはかからないようにかけてみました。この茶色感は美味しそうですね。持ち上げると・・・

f:id:yamadasoichiro:20170925083529j:plain

やっぱり美味しそうですね。

あっさり目のカレーでした

見た目は濃厚でしたが、チキンベースのブイヨンのため後味がスッキリしていました。また、バターなどの脂分も控えめだったのでコクはあるのですがクロックのように後に引く感じはありません。

その分、スパイス感がハッキリ感じることができるため、スパイス好きの方にはバランスが良いカレーだと感じました。クロックとは違う後味スッキリの美味しいカレーでした。

店舗情報

住所:札幌市東区北15条東1丁目2−17
電話:011-752-7555
営業時間:11:30〜22:15(LO22:00)
水曜日のみ11:30〜15:00(LO14:45)
水曜祝日の場合は11:30〜22:15(LO22:00)