ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【モチベーション】私がフリーランスとしてのモチベショーンを保つ10の行動

f:id:yamadasoichiro:20170511064222j:plain

私がいつも心がけていることを備忘録の意味も含めて紹介させて頂きます。皆さんも独自のやり方があると思うので参考までに書かせていただきたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

 

アウトプットは午前中

朝は6時から行動を開始しています。朝が一番脳が冴えている状態だと聞いているので、11:00くらいまでの間にアウトプットを集中させています。

具体的にはWebデザインを中心としたクリエイティブな作業とブログ執筆などの記事作成にだけ集中して作業します。特に8:00までは外の音も静かなのでとても集中して作業ができます。

逆に午後からはインプットをメインに行動します。主に新しい技術の勉強や、読書などが多いです。

朝食は必ず摂る

朝食は毎朝8:00〜9:00の間にしっかり摂るようにしています。ボリュームは朝4・昼4・晩2の割合です。40代になると晩に食事を摂り過ぎると翌朝胃もたれしてしまい作業が集中できないという影響が出るので。

炭水化物は朝と昼にしっかり食べますが夜は出来るだけ食べないようにしています。

カラダに気を使い毎日ジムへ行く

出社義務がなく、100%デスクワークなので意欲的に運動をしないと外出すらしない日が出てきてしまいます。

そこで私はジムへ行くようにしています。基本は週6日。格闘技のレッスン3日と筋トレ3日で1回30分程度と比較的短い時間で強度を高くしてトレーニングしています。

血行が良くなり気分も前向きになるので運動はオススメです。

合わない人とは関わらない

マイナス言動が多い人とはこっちまでテンションが下がるので距離を置くようにしました。

いつも前向きな人と接すると自分も頑張ろうと思うのと一緒で、愚痴や陰口ばかり言う人と行動すると自分の思考もしてしまうと考えています。

基本電話に出ない

クリエイティブな作業、家族との楽しい時間などから一気に集中力がなくなってしまうのが突然の電話です。

メールやLINEで済ませることが出来る内容でも平気で電話をしてくる人が未だにいます。基本、着信音は鳴らないように設定しています。

無料・格安で仕事はしない

最近までこれで苦しめられていました。。。やはり知人・友人の中にはタダでやってくれて当たり前と考えている人が一定数います。

良かれと思っても相手からすると良いように利用できていると気付き仕事として対応するようにました。ちゃんとした人はそもそもタダで仕事をお願いしようと思わないですよね。

 

お願い営業はしない

「仕事を下さい!」というお願い営業はしない事にしています。この基本的な考え方として価格競争に巻き込まれるからです。

お客様はなぜ私に依頼するのかから考えれば分かるのですが安くやってくれるからお願いしているのであれば、他がもっと安ければそっちへ行ってしまいます。

共感していただき「是非一緒にやりましょう!」い言ってもらえるような努力が大事だと考えています。

結果を急がない

これは「投資」という考え方にも繋がるのですが、今やていることは将来必ずプラスになると思って出来ることをやるようにしています。

他の人がやっていないから価値が生まれるのであり、絶対にうまくいく保証があるものなどありません。

ちょっとやって結果が出ないから諦めるのではなく1年くらいかかっても根気よく続けることが大事です。ただし、いつまでもしがみついてしまうと時間の無駄なので見極めも大事。

完璧を目指さない

こだわる性格なので、クリエイティブな作業の時は時間と期間を決めて創ります。時間をかければ良いものができるのは当たり前なので。

創ったものが自分では良いと思っていてもクライアントが良いと思うかは別の話しなので70%位納得がいくものを創り、気になる所はあまり考えないように割り切ってしまいます。

そうすることで効率よく作業ができるのでストレスも軽減できました。

定期的に旅へ出る

定期的に旅に出ると気持ちがリセットできます。私は東京・横浜へ定期的に行き美味しいものを頂くことでストレス解消になっています。

あとは妻とのドライブ。北海道は観光スポットがたくさんあるので毎年色んな場所へ行き美味しいものとセットで楽しんでいます。

我が道を進む

他人にどう思われようと信念を曲げずに進む。結局はここに行き着きます。

自分の行動は自分で考え決めて実行する。人の目を気にすることなくやってしまったほうが結果的に楽なんだな〜という事が年々強くなってきていると思います。

これからは急速に時代が変わっていくのでもっと我が道を進んでいきたいと考えています。