ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【ネット通信環境】インターネットを賢く最安で!フリーランスは月々の通信費をトータルで考える。

f:id:yamadasoichiro:20170909105711j:plain

皆さんは通信費に毎月いくら支払っているでしょうか。節約する手段として、格安SIMがオトクという記事をよく見かけるのですが、スマホ本体の購入代といったランニングコストや、通信速度という利便性を考えると、必ずしもそうではない場合があると考えています。今回は、自宅でも外出先でも快適にインターネットが格安で使える方法について考えてみたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

 

毎月の通信費にいくらかけていますか?

あるIT系のブログサイトで、毎月支払っているスマートフォンの料金を調べた所、大手キャリアは平均7,876円、格安SIMは平均2,957円、ガラケーは平均3,071円という結果になっていました。

この金額だけを見ると、単純に大手キャリアは料金が高く、格安SIMは料金が安いと考えられますが、実際にどちらも利用した経験のある私は、必ずしも価格だけで決めてはいけないと考えています。

特に、フリーランスで活動されている方は全て自己負担のため、少しでも費用は抑えたいという気持ちは分かります。ですがフリーランスの場合、インターネットは商売道具なので快適な環境は必要です。

通信費の見直しはトータルで考える

我が家の通信費で支払っている項目は

・「私」のスマートフォンの月額使用料
・「妻」のスマートフォンの月額使用料
・「自宅」のインターネットの月額使用料

が挙げられます。

この構成の他に、iPhone本体が2台、iPadが1台を割賦契約していて、毎月約18,000円を支払っています。また、契約は全てDocomo1本に絞っていて、インターネット回線もドコモ光にしているので、まとめて支払うことができ非常に便利です。

ここで意識していただきたい点として、スマートフォンの毎月の使用料だけを意識するのではなく、定期的に買い換えなくてはいけないスマートフォン本体と、自宅でのインターネット回線などの料金もトータルで考えるということです。

契約内容については下記の記事も合わせて御覧ください。

 

2年間使用した場合のコストは?

我が家の通信費は月額18,000円です。これを1年間で考えると216,000円、2年間では432,000円という額になります。

これを格安SIMで考えた時は、さらにiPhoneとiPad本体の購入分、インターネット回線使用料を入れて概算で計算してみると・・・

格安SIM:2,000円✕24ヶ月✕2人=96,000円
iPhone7:約90,000円✕2人=180,000円
iPadAir2:約40,000円
フレッツ光:約5,000円✕24ヶ月=120,000円

合計:436,000円

かなり大雑把な計算ですが、2年間という期間で考えた場合に、それほど差がなくなってしまうということがわかりました。

通信品質について

格安SIMは、大手キャリア(Docomo・au・SoftBank)の空いている回線を間借りしています。そのため、どうしても大手キャリアと通信速度を比べると遅い印象です。

私自身、iijmioという格安SIMを契約していたことがあるのですが、FacebookやInstagramの画像表示が時間帯によっては1テンポ遅く表示されるため、スムーズにスクロールできないという状況でした。SNSは日々利用するため、このようなちょっとした事でもストレスに感じるようになります。

フリーランスの場合、外出先で作業をする場面は多いのですが、暗号化されていないWi-Fiは基本的に使用できません。そのためスマートフォンでテザリングしてMacBookからインターネットに接続するのですが、格安SIMの回線では非常に遅いため仕事レベルでは使用が厳しいです。

結局のところiPhoneがトータルバランスに優れていました

私も以前は格安SIMを利用するために、SIMフリーのスマートフォンを利用していたことがあります。1台目はASUSのZenfone5で、30,000円程度で購入しました。8ヶ月程使った時に突然動かなくなり、どこに修理を出してよいのかわからず、結局2台目を購入することになりました。

2台目のスマートフォンはHuaweiのP8liteで、20,000円程度で購入しています。こちらは当たりが悪かったのか動作が非常に遅く、テザリングでの通信とても遅い機種でした。結果解決方法がわからず、最終的にiPhoneに戻りました。

気づけば、1年間に2台のスマホを買い替えて50,000円の費用がかかるという、安物買いの銭失い状態となっていました。さらに購入と設定の、手間と時間を考えるとかなりの損失となります。

現在はiPhone6sを使用しているのですが、サクサク動いているのでとっても快適です。

気になっているのはデータ使用量

現在、我が家ではDocomoのインターネットに接続するデータプランは「シェパック10」というプランです。これを家族4人で使用しているのですが内訳としては妻1ギカ、義父0.5ギガ、義母0.5ギガ、私7ギガといった割合です。因みにパケットパックの料金は下記のとおりです。

パケットパック名称
(利用可能データ量)
月額定額料 利用可能
データ量
シェア可否
パケット
くりこし
可否
ずっとドコモ割
(15年以上の場合)
ウルトラシェアパック100(100GB) 25,000円 対応 対応 -2,500円
ウルトラシェアパック50(50GB) 16,000円 -1,800円
ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円 -1,200円
シェアパック15(標準)(15GB) 12,500円 -1,200円
シェアパック10(小容量)(10GB) 9,500円 -1,000円
シェアパック5(小容量)(5GB) 6,500円 -800円

ここで一つ思うのは、私が3ギガ以内に抑えれば「シェパック5」でも十分ということです。そうすると月額3,000円が安くなります。

モバイルWi-Fi ルーターを検討できる

私がDocomoでのデータ使用量を3ギガ以内に抑えることで、毎月3,000円が削減できるということがわかりました。その3,000円をモバイルWi-Fiルーターで使用することで7ギガ程度で抑えていたデータ使用量を格段に増やすことが可能になります。

実際に外出先で作業する時に、大きな画像データがあれば自宅に帰ってからダウンロードするなど、使用量には気を使っていました。モバイルWi-Fiルーターを使用することで料金が変わらずに、データ使用量をアップできるのであれば、賢い選択ではないでしょうか。

賢い選択は直接契約

キャッシュバックなどオトクな得な特典を考えた時に、まず最初にイメージするのが価格.comだと思います。キャッシュバックを見てみると高いものでは31,000円のキャッシュバックというものもありました。

ここで一点気を付けなくてはいけないのが、キャッシュバックの受取条件に

カカクコムより開通した月を1か月目として、12か月目の末日までにご案内メールを送付。メールから振込口座ご登録後にご指定の口座に振込

という内容があります。自動的に振り込まれるのではなく、12ヶ月目にメールが届いて、登録しなくては振り込まれないという条件があります。

それで受けられるメリットは月額に最大で600円程度です。ちりも積もればとう考え方もありますが、メールを気にしなくてはいけないということと、もしも見逃してしまったら高くついてしまうというデメリットも併せ持っています。

小さな利益を考えるばかりに、手間と時間がかかってしまっては意味がありません。

オススメはBroadWiMAX

外出先でもインターネットの通信量を気にせず使用するなら、モバイルWi-Fiルーターが良いということがわかりました。各キャリアでも同じようなサービスを取り扱っていますが、高額なことと7ギガの速度制限がついています。そのため、通信量が7ギガを超えてしまうと遅くなってしまうのがデメリットです。

そこでオススメしたいのはWiMAXです。WiMAXは唯一通信量の制限がありません

キャッシュバックの還元率を考えると「とくとくBB」一択となるのですが、先ほども挙げたように、手間と時間を考えるとオススメができません。やはり最初から安く利用できるということを考えると「BroadWiMAX」が最適といえます。

f:id:yamadasoichiro:20170909101448p:plain

料金は最初の3ヶ月が2,726円ですが、4ヶ月目からは3,411円となりますが、本家UQWiMAXは月額4,380円なので約1,000円近くは安く使えます。

BroadWiMAXの詳しい内容を見る

ドコモを利用しているならドコモ光が便利

現在、スマートフォンをドコモにしているなら【ドコモ光】がオススメです。スマートフォンとの支払いを一括できますし、 最大で5,700円の割引もあります。戸建ての月額料金が5,200円なので、まるまる無料になる場合もあります。

f:id:yamadasoichiro:20170909104237p:plain

料金の中にはプロバイダー料も含まれているのもお得ですし、何よりも支払い先がまとめられるという点が非常に気に入ってます。

【ドコモ光】詳しい内容を見る

まとめ

ドコモなどの大手キャリアを利用しても、iPhoneを使用する場合であれば、2年間使用した場合にあまり料金が変わらないということでした。

また、iPhone本体は非常に高額のなのですが、使い勝手の良さと、トラブルがあった場合の窓口が分かりやすいという安心感があります。そしてiPhoneの日本でのシェアは70%を超えているという点からもおすすめできます。

データパックは、低めに設定することで浮いた分を、モバイルWi-Fiルーターにするということも賢い利用方法で、BroadWiMAXがトータルバランスが良いサービスといえます。

通信費は家計の中で重要な費用といえます。また、やり方・考え方によっては、いくらでも節約できる部分でもあるので、面倒でもしっかりと理解して、単なる安さだけにこだわらずにお得にすることをオススメします。