ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【将来性】フリーランスのWebデザイナーとして今後も活躍していくには。

f:id:yamadasoichiro:20171003094033j:plain

私はフリーランスのWebデザイナーとして活動しているのですが、この先50代や60代になってもこの仕事を続けられるのか考えるときが多々あります。今回はフリーランスでWebデザイナーとして活躍し続けることについて考えてみたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

 

Webデザイナーの将来について

場所と時間にとらわれないで仕事をしたいという考えから、Webデザイナーを選んだのですが、長年Webデザイナーをやっていても、その考えは間違っていなかったと思いました。

Webデザイナーという仕事自体に歴史が浅く「この道50年のベテラン」といった匠がいないのも事実です。そこで最近良く考えるのは、この先もWebデザイナーとして活躍できるかどうかということです。

Webデザイナーの将来を考えるためにも、まずは現状をしっかりと把握するところから考えてみたいと思います。

Webデザイナーという仕事

「綺麗なデザインができればOK」という考え方で、Web制作を始める方がいますが、そういった思考で生き残っている方は少数です。昔はそれで十分通用していましたが、PhotoshopやIllustratorが使えるからといって、Webデザインができる時代ではなくなりました。

そこで、これからWebデザイナーを始める方、すでに始めている方にも確認の意味で、必要なスキルをまとめてみたいと思います。

サイト設計

まずはサイト設計から始めることが大前提となります。ターゲットとゴールを考え、サイトの方向性を決めてから、何を掲載するかなどのコンテンツ考えます。その情報を元に、サイト全体のレイアウトを考えるというところまでが、デザイン案を考える上で非常に必要な作業となります。

いくらグラフィックの技術が高く、カッコイイデザインが完成しても、クライアントの目的と違っていれば意味がありません。また、クライアントに気に入られるようなデザインを創っても、効果のないサイトでは意味がなくなってしまいます。

デザイン案の制作

サイト設計が完成したら、次はデザイン案の制作に移ります。ここでは見た目が何よりも重要です。ただし、時間をかければ誰でもデザインがよくなるのは当たり前と考えていますので、出来るだけ限られた時間の中で効果的なデザインを創るのが重要です。

私の場合は、Photoshopでデザイン案を制作してPNGデータに書き出して、クライアントに確認してもらっています。

コーディング

デザイン案のOKをもらったらコーディングに移ります。基本的な考え方としては、CSSで表現しきれないパーツや写真などのみ画像で書き出すようにしています。また、高解像度モニターやスマートフォンへの表示も考えて画像を制作します。

また、ご依頼の90%以上はWordpressが主流なため、PHPの基礎的な知識も必要になります。

 

価値のあるWebデザイナーになるには

Webデザイナーの仕事をまとめてみましたが、将来的に活躍するには希少性がどんな士ことでも重要ではないでしょうか。希少性の高いWebデザイナーになるにはどうしたらよいかを考えてみます。

デザインとコーディングが両方できる

デザインとコーディングが両方できるということは、最低限のスキルと考えて良いと思います。フリーランスとして活動していく以上、仕事を取りこぼさないという考え方は重要だと思っています。仕事を選ぶという考え方も必要になるため、やりたい仕事だったがスキルがないということでは、売上を確保することは難しいでしょう。

CSSでの表現も重要

CSS3が登場してからは、これまで画像で作っていたパーツがCSSで組めるようになりました。Photoshopで作っていた角丸でグラデーションのかかったボタンもCSSで簡単に作れます。また、アニメーションも可能です。

また、スマートフォンやタブレットでの表示を考えると、横幅が可変していく構造を考えなくてはいけないので、CSSで表現できたほうが効率も圧倒的に良いと考えています。

SEOについての知識

SEOを意識した構造を提案できるということも重要です。SEOを深く理解している人の方がクライアントへの説得力も格段に違いますので。クライアントから受け取った原稿にSEOの観点から修正の提案をすることで、信頼性も上がります。

問題解決が生き残る道

Webデザイナーの現状と将来を考えてみましたが、幅広いスキルは最低限必要なものと考えています。日々進歩する技術の中で、変わらないものも存在します。HTMLやCSSの基本的な考え方は10年前とほとんど変わりません。

Wordpressについては無料テーマを扱えるだけではなく、オリジナルでテーマを作れるくらいの理解力は必須です。私自身下記の本一冊でベースの構造は理解しました。