ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

Macbook Pro 用にEIZOの外部モニタFORIS 23.8インチを購入しました。

02

今回はPC環境を見直したく最新のMacbookProを購入しようか迷いましたが、Retinaディスプレイの液晶コーティング剥がれ問題でを無償交換できたのでもうしばらく今のMacbookProを使用することになり最近考えていた外部ディスプレイを購入してみました。

これまでのPC構成

これまでメインマシンにMacBook Pro MF839J/A(Retina, 13-inch,Early 2015)を使用、自宅での作業用&バックアップPCの意味を含めてiMac 21.5インチ MK142J/Aという構成で仕事をしています。

iMacは21.5インチあるので画面が広くて仕事がしやすいがHDDなので読み込みが遅く、MacbookProはSSDなので読み込みは早いが画面が狭いという状態です。両方の良いとこ取りする方法が外部モニタという結論に至りました。

では実際にどのモニタが良いかを調べてみた 

「MacbookPro + 外部モニター」や「ディスプレイオススメ」などで検索して情報を集め、ある程度の基準を考えてみました。

ポイントとしては
●モニタ側にHDMI端子かThunderboltがあること
●目に優しいIPSパネルが良い
●サイズは24インチ程度で十分
●モニタを支えるスタンドがしっかりしている
このあたりを購入条件として探すことに。

ちなみにThunderbolt = MiniDisplay端子ということも知りました。

今回購入した商品

最終的に候補に上がったモニタがこちら

iiyama ディスプレイ モニター XUB2492HSU-B1 23.8インチ/フルHD/昇降スタンド/スリムベゼル/DisplayPortx1/HDMIx1/D-subx1

EIZO FlexScan 24.1インチ カラー液晶モニター ( 1920×1200 / IPSパネル / 5ms / ノングレア/ ブラック ) EV2455-BKR

仕事で使用するモニタなので安価なものは視野に入れていなかったけどあまり高いのも最初は避けたたいと考え、価格もそれほど高くなく条件にあっているものを選んでみました。

今回購入したモニターはこちら

 

MacbookProはThunderbolt側に接続したほうが良さそうな気がしたので[Thunderbolt-HDMI]の変換ケーブルを購入。割りと評価が良かったのでこちらを選びました。

 

iMac21.5インチと並べてみるとこんな感じ

01

EIZOの方がモニタサイズとしてはでかいのに、見た目は圧倒的に小さいですね。MacbookProは液晶を閉じた状態でも使用できるしBluetoothでキーボードとトラックパッドも読み込めるのでサクサク動くデスクトップマシンの完成となりました〜

ちなみにiMacにはWindows10を入れているのでWindowsマシンとしてしばらく使ってみようかと思っています。

03

モニタのフチが液晶内の一番上にあるバーよいも狭いので本当にスッキリ見えます。デュアルモニターにするとかっこよさそう。

実際に使ってみて

一番気になっていたのが外出時のケーブルの抜き差しやモニタに表示させるまでの手間などで、仕事レベルで使い物になるかどうかでしたが、全く気になりませんでした。

普段の使い方を説明すると、帰宅してMacbookProをカバンから取り出しケーブルに接続、電源を入れいる、SSDなので一瞬で起動し、外部モニタに表示されたらMacbookProを閉じるだけ。トラックパッドもキーボードもBluetoothで接続されています。

最初はMacbookProの置き場所も横に立て掛けたり、専用のホルダー類を検討しましたがモニタとキーボード間が一番使い勝手が良かったです。

iMacは普段はWindowsマシンとして使用し、MacbookProが故障などで使用できなくなったときはバックアップマシンとして使用する存在です。データはGoogleドライブで同期が取れ、メールはGmail、必要な書類はEVERNOTEとほぼクラウド化されているのでかなりいい環境になったと思います。