ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【スマホ売却】スマホを賢く売る!新しいiPhoneに入れ替える際の売却方法を考ます。

スポンサーリンク

f:id:yamadasoichiro:20170903075832j:plain

先日iPhoneX、iPhone8が発表されましたが、新しいスマートフォンに切り替えたら、今までのスマートフォンは売ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回はそんなスマートフォンを賢く売る方法を考えてみたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

買替時期は売却時期

スマートフォンを新しく買い替えた時に、古いスマートフォンをそのままにしていると価値が下がるので、早く売却を考えている人も多いと思います。ですが、結局は大手キャリアで買替時に下取りとして出してしまうパターンになってしまいがちです。

例えば車に置き換えて考えた場合、愛車を買い替える時にディーラーで下取りしてもらうのと似ていると感じました。知っている人は車買取専門店を有効に使うことで高い値段での買取を実現しています。

同じようにスマートフォンも、特にiPhoneは値段が下がりにくいため、下取りに出すのではなく、別の方法で売却されるほうが良い場合もあります。下記の表は2017年9月現在のドコモのiPhone下取り価格なのですが、これを基準に考えてみてはどうでしょうか。

 

下取り対象機種 下取り価格
店頭下取り価格 郵送下取りポイント2
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
良品 30,000円 28,800pt
画面割れ品 9,000円 7,800pt
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
良品 27,000円 25,800pt
画面割れ品 8,100円 6,900pt
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
良品 22,000円 20,800pt
画面割れ品 6,600円 5,400pt
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
良品 22,000円 20,800pt
画面割れ品 6,600円 5,400pt
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
良品 11,000円 9,800pt
画面割れ品 3,300円 2,100pt
iPhone 5c
(16GB/32GB)
良品 6,000円 4,800pt
画面割れ品 1,800円 600pt
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
良品 17,000円 15,800pt
画面割れ品 5,100円 3,900pt

この表を見てわかるように、容量が16GBでも128GBでも同じ価値です。しかも画面が割れてしまうと70%も価値がダウンします。出来るだけ正当な価値で売却したいものです。

下取りはポイントで付与される

上の表は条件が合うと、相場よりも高く下取りができる場合もあるのですが、ほとんどの場合は相場より低い印象です。

しかも、下取りの価格はポイントで付与されるため、同じキャリアで機種を変更されるのであれば良いのですが、別のキャリアに変更する場合や、現金で欲しい人には向いていません。

そのため、現金で買取を希望される方には、別の方法で売ることを考える必要があります。

売る方法を考える

単純に売るといっても、できるだけ手間を省かなくては時間がかかってしまうため、意味がなくなってしまいます。例えるなら、特売の野菜を買うために1時間かけて隣町まで行くようなものです。

そのため、出来るだけ手間をかけない方法として考えられるのは2パターンではないでしょうか。

買取専門店を利用する

スマートフォンの買取店は全国に多数あります。有名なところではレンタルDVDでおなじみのゲオです。その他にも「地域名+スマホ買取」で検索することで、住んでるエリア内の買取専門店が見つけられます。

オススメはメルカリです

メルカリはスマホで気軽にネット販売ができるサービスです。初心者の方にも簡単に登録できるため、すぐにスマートフォンを売ることが可能です。

実際には細かい手続きや、独特のコミュニケーションがありますが、それはやりながらでもわかります。日中はお勤めしている方であれば最善の方法ではないでしょうか。

売る前にクリーニングする

見た目の印象は大切です。新品同様まで綺麗にする必要はありませんが、画面の手垢や、周りのホコリ・汚れなどは綺麗にしておくことをオススメします。 

また、価格を高くするため修理してから売ろうとする考えもありますが、手間と時間をかけた割には、それほど価値が上がる印象はありません。

データの初期化は忘れずに

どうしても忘れてしまいがちなのは、iPhone内に入っているデータをそのままにして売却してしまうことです。買取専門店であればデータ消去サービスがありますが、「iPhoneを探す」などiCloudに紐づけされているまま、消去してしまうと後で設定が面倒になってしまうので、解除しておく必要もあります。

詳しい解除方法をこの記事では説明しませんが、「設定」>「iCloud」で「iPhoneを探す」で可能ですのでお試しください。