ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【タイヤ交換】札幌での新品スタッドレスタイヤの交換時期はいつなのか。

f:id:yamadasoichiro:20171017143046j:plain

札幌に住んで40年以上になるのですが、毎年いつ降るのかが読めない初雪。何回かに分けて記事にしたスタッドレスタイヤですが、今回は交換するタイミングについて考えてみたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

 

札幌の過去10年の初雪日は?

札幌の気象データによると平均値は10月28日ということで、10月末には降るということですが、実際には12月にならないと根雪(雪が完全に積もる状態)にならない印象です。

2016年 10月20日に初雪
2015年 10月25日に初雪
2014年 10月28日に初雪
2013年 11月08日に初雪
2012年 11月18日に初雪
2011年 11月14日に初雪
2010年 10月26日に初雪
2009年 11月01日に初雪
2008年 11月04日に初雪
2007年 11月02日に初雪

上記が過去10年間の初雪が降った日です。去年なんかは10月20日という事でとても早かったのですが、11月の中頃まで降らない時期などもあり、毎年初雪は予想しにくいです。

今年(2017年)はすでに手稲山で10月5日に初雪が観測されています。これは例年の11日、昨年と比べても6日早い初雪です。すでに雪虫も飛んでいましたので、早めの初雪が降る感じもしています。

毎年そんな感じなので、雪が降ればガソリンスタンドやカー用品店へ、一斉に群がるようにタイヤ交換に訪れます。これも毎年そうなのですが、11月は雪が積もらないので結局は急がなくても良かったのに・・・と思ってしまうことも多いです。

見た目は普通の道でも冬は注意

そんな雪問題ですが、車と道路の問題となるとちょっとデリケートな話になります。この時期は、見た目はちょっと濡れているかな?程度でも、橋の上などはブラックアイスバーンになっていて、道路がツルツルとなっていることが本当に多いです。

夏の間の感覚で走るため、どうしてもスピードが乗った状態で橋に入ってしまい、ブレーキが効かなくなってヒヤッとするのもこの時期です。

特に朝や夜などは気温が低いため、一瞬で路面がブラックアイスバーンになってしまいます。そもそも橋の上が凍ってしまう理由として、橋の下は何もないのが原因です。普通の道路は気温が下がっても、地熱で温められるので、すぐには凍らないのです。

ブラックアイスバーンのことを考えると、いつ橋の上を通るかどうかはわからないので、早めの交換が賢い選択だ考えています。

 

新品タイヤの慣らし運転

もう一つ考えているのは、今回は新品のスタッドレスタイヤのため「慣らし運転」が必要ということです。ブリジストンの公式サイトを確認してみると、新品タイヤは表面がツルツルのため「皮むき」が必要とのことです。

そのため、スタッドレスタイヤの慣らし運転は、時速60kmで200km以上の走行が必要ということでした。

私の場合、ほぼ毎日運転するのですが走行距離が非常に短いです。具体的には1日平均10km〜15km程度なので、慣らし運転としては15日〜20日位あった方が良いという計算です。

結局のところ交換日は

慣らし運転と、日々の走行距離を考えると10月中には行っておきたいところです。会え先日Amazonで注文した、BLIZZAK VRX は10月19日には到着するので、最速で10月20日からは交換が可能です。

という事で、今のところは10月21日に交換してもらいたいと考えています。スタッドレスタイヤの記事だけで随分引っ張っている感じもしますがもう少しだけお付き合いいただけたらと思います。

よろしければ、これまでの記事も御覧ください。