ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

マルヤマクラスにできた大戸屋はタッチパネルでの注文でした。

スポンサーリンク

私はほぼ毎日マルヤマクラスへ行きます。ジムに通ったり、本屋さん、スーパーなど何でも揃っていて自宅からも近いので重宝しています。ただレストンエリアは普段使いしにくい構成だったので、たまにうどん屋さんに行く程度でした。土日混んでいるので使用する機会はなく、平日のジム帰りに立ち寄ることが一番多いからです。

そんな中、最近「大戸屋」ができました。一番奥の麻布茶房があった場所です。奥なので立地はよくありませんが定食屋さんなのでニーズは高いと思います。和食屋さんはあるのですがちょっと高めなので普段使いには難しいところでした。手頃な価格帯で美味しいので気にっています。

店内は広めです。一番奥の位置にあるということで窓があり店内が明るいです。ちょうど窓を背にして撮影しています。

驚いたのはタブレット端末があったという事。選んでタッチして送信。これで厨房にオーダーが届くそうです。ホールスタッフが少なく済みますね。

使い方の方法が書かれていますが年配の方には難しいと思います。しかも実際のメニューブックを見てからタブレットで注文するようなので混乱しそうです。このあたりのUIを研究して欲しい所です。反射神経でわかるデザインお願いします。

調味料周りもコンパクトで清潔感があってとても良いです。

今回は「大戸屋ランチ」を注文。というかランチタイムに大戸屋に行くときはいつもこれ。サラダ、かぼちゃコロッケ、唐揚げ、大根おろし、目玉焼き、漬物、味噌汁、五穀米の充実ランチは699円です。コスパ高いです。

味は全国チェーンなので全く問題ないクオリティーです。あとはオープンしたばかりなのでホールスタッフは動きに無駄あった所(このあたりが気になるのは職業病です。)が気になりました。このあたりは半年もすれば落ち着くと思います。

普段使いできる大戸屋がマルヤマクラスに出来たというお話でした。