ヤマダライフログ

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ。

【超便利】灯油ストーブへの給油は電動ポンプがオススメです。

f:id:yamadasoichiro:20171018175858j:plain

札幌の朝はとっても寒いので、ストーブを付けなくてはいけない季節に入りました。先日は、ポータブルの灯油ストーブもクローゼットから出し、あとは灯油を入れれば付けられる状態です。そこで今回は灯油を入れるためのポンプについて書いてみたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

 

昔ながらのポンプといえば・・・

ポータブルの灯油ストーブに給油するといえば、下記のようなシュポシュポするタイプをイメージする方も多いのではないでしょうか。私は去年までこのタイプしか知りませんでした。

 

このポンプしか知らなかったので、何も考えることなく使用していたのですが、先日電動のポンプがあるの知り購入してみました。

電動式のポンプはメチャクチャ楽です

商品はこんな感じです。写真ではわかりにくいのですが結構大きめです。

f:id:yamadasoichiro:20171018175653j:plain

写真で表示されているように、ポリタンクに直接取り付けるタイプのため、安定して給油できる設計になっています。

f:id:yamadasoichiro:20171018175743j:plain

裏面です。一通り使い方の説明が書かれていますが、特に難しいことは書いていませんでした。

f:id:yamadasoichiro:20171018175823j:plain

本体です。赤いプラスチック製でしっかりした感じです。黄色いレバーを左に倒すことで給油される仕組みになっています。

また、結構大きめなのですが、ポリタンクの上に載せて使用するため、それほど気にならないです。

f:id:yamadasoichiro:20171018180054j:plain

単一電池を2個使用します。商品に付属しているわけではないので、いざ使おうと思ったら「ない!」と驚かないようにしてください!本体を購入する際に予め購入しておくことをオススメ致します。

f:id:yamadasoichiro:20171018180210j:plain

実際に装着してみました

リビングの灯油ストーブはFF式なのですが、仕事部屋はポータブルストーブなので、ベランダに灯油タンクを4つまとめてケースに入れています。ケースの中で取り付けてみても邪魔になることなく綺麗に収まることができました。

f:id:yamadasoichiro:20171018180714j:plain

そして実際に給油してみました。給油時間自体は1分程度だったと思います。モーター音のような音がなるかなと思っていたのですが、ハイブリットカーのような静音設計で驚きました。

f:id:yamadasoichiro:20171018180751j:plain

 

使ってみた感想

電動ポンプを使用した感想ですが一言でいうとかなり楽ちんです。使用するまでは、シュポシュポやってればすぐに終わるから必要ないと思っていたのですが、やはり使ってみないとわからないので、購入してみたのですがこれは正解でした。

価格は1,500円程度するので、普通のポンプの10倍以上の値段です。ですが寒い日が続くと2日に一回は給油するため、簡単に給油ができるというのは、思いの外楽だということがわかりました。

昔ながらのポンプのデメリットは、ついつい入れすぎて、灯油が溢れてしまうことが、1シーズンに1回はやってしまうということです。電動ポンプには適量になると自動で停止する装置がつくので、給油中に他のことをやっていても溢れてしまうという心配がありません。

まだ試していない方にオススメです。時間短縮にも一役買うアイテムはでした。