PAGE TOP ▲

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ

TOP 【祝300記事】40代になっても知らないことがたくさんあると自覚する。

【祝300記事】40代になっても知らないことがたくさんあると自覚する。

  • 公開日:2018年9月19日
  • 最終更新日:2018年9月19日
  • カテゴリ:

このブログも細々と長く続けておりますが、気づけばこの記事で300記事目。ある程度稼ぎがあるブロガー達から比べると少ない記事数なのですが、消滅することなくなんとか続けていくことが出来ました。

一応300記事、切れの良い数字なので自分の考えや今後の展望について書いてみたいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!



立ち止まることがリスクの時代

40代になってインプットを怠ると、急激に能力が低下すると言われているのをご存知でしょうか。

意外なのが40代以降も、インプットすれば脳は発達するということです。しかし、そのインプットを怠ってしまうと、加齢とともに急速に衰えるということなのです。

確かに40代となると、人生経験値が高いので新しいことを始めるリスクをリアルに考えられるようになります。結果、現状維持が一番楽になってしまい、気づけば時代に取り残されているような人たちを目にしてきました。

一方で色々なことに挑戦し続けいる人を見ると、年令に関係なく頼もしい存在に見え、二極化の差は年令とともに開いていると感じています。。。

40代になっても知らないことはたくさんある

私は『自分にはまだまだ知らないことがたくさんある』と常日頃思っており、『もっともっと経験や勉強をしたい』と考えています。そのためには常日頃からアンテナを高く立て、外部からの刺激を受ける必要があります。

ついつい自分の知っている範囲で過ごしてしまうことで安心してしまいますが、それではインプットがなかなか出来ません。普段は観ない映画を、普段は訪れない土地で観てみるなどできることから挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。いつもはお酒やタバコで使っていた20,000円を、思い切って夫婦でミュージカルを観るのも面白いかもしれません。

仕事以外のことに目を向けることで、男性女性にかかわらず必ず完成が磨かれるはずです。日常のルーティーンワークを効率化させることで空いた時間を作ってみてはいかがでしょうか。

大器晩成とはコツコツ頑張ってきた人

大器晩成という言葉の意味ですが、これまでは40代・50代になって急激に伸びるイメージを持っていましたが、どうやらそうではないようです。やはり、若い頃からコツコツと周りに振り回されること無く、努力し続けた人が成長し続けるからこそ、器の大きな人になるということでした。

努力を努力と思うかどうかは別として、自分の思ったことをコツコツやり続けられる人間であり続けたいとは思っています。

時間を切り売りするビジネスからの脱却

『時間を切り売りするビジネスからの脱却』が当面の私のテーマです。

私の本業であるWeb制作は受託業務が基本で、依頼があって制作物を収めることで初めてお金が支払われます。会社に努めているわけではないので、やったらやっただけ収入が上がり、やらなければ収入が下がる単純な構造。

しかし、残念ながらWeb制作自体の単価は年々下がり続けています。クラウドソーシングの普及により安価で受ける人が増え、Wixなどの無料で手軽にホームページが作れるサービスを利用する人も増えたのが原因です。そして今後もこの波は続くと予想しております。

ではどうするか。

一つは誰でもできない分野に挑戦すること。もう一つはキャッシュポイントが後になるサービスを考える。

このあたりが今後の課題であり目標になります。

本質を理解せず常識を押し付ける人とは関わらない

これって私の中では結構重要なことで、「そんな考えではやっていけない」とか「昔から決まっている」という人とは気が合いません。これまでは「ははは」と流してきましたが、これってとてもストレスがかかっているのだということがわかりました。

最近ではあまり無理をしなくなったので、肌感覚で話したいと思える人とだけ関わるようになってきました。

正しいことが評価される時代

SNSの発展で『炎上』という言葉を耳にするようになりました。パワハラもブラック企業も世間にジャッジされる時代です。これは、強い立場が評価されていた時代から、正しいことが評価される時代変わってきているとも言えます。

中身がなくてもトークスキルが高ければ通用していた時代は終わりました。正しいことを正しくできる人が評価される時代となると考えており、それが10代であろうと20代であろうと関係がないということでもあります。

だから私は、たとえ自分より年下の人であっても見習うべきところがあれば積極的に参考にしていきたいと思います。

次は500記事を目指して

次は切れよく500記事、そして1000記事までが当面の目標と言えます。記事数だけを意識しすぎても中身がなければ面白くないので、当然内容も皆さんにとってお得になるような情報を書いていけたらと思います。

ヤマダソウイチロウ

プロフィール

ヤマダソウイチロウ・1975年3月7日生まれA型。Webクリエイター、Videoクリエイター、料理人の3足のわらじで活動しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ブログの関連記事一覧