PAGE TOP ▲

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ

TOP ゲーミングPC・初心者にオススメ1台はコレ!2018

ゲーミングPC・初心者にオススメ1台はコレ!2018

PUBGをご存知でしょうか?PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)の略で、パソコンで遊べるネットゲームです。これをやってみたくてMacからWindowsに母艦を切り替えました。

『ゲーミングPC』というハイスペックマシンがあるということも知り、ネットやPCショップで調べて自分にあったマシンを購入することが出来ました。今回はネットゲーム初心者でPUBGをやってみたいけど、どんなマシンを選んでよいかわからない方にオススメPCをご紹介したいと思います。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!



ゲーミングPCって何?

『ゲーミングPC』とは文字通りゲームに特化したPCなのですが、一般的なPCと何が違うのでしょうか?

最近のPCゲームは3Dグラフィックが基本で、PUBGを見てもらえばわかるのですが、景色がとっても綺麗です。この中で敵を見つければ銃撃戦となり、グラフィック的には非常に複雑になるため、一般的なPCではカクカクして満足なプレーをすることができません。そこで快適にプレイができる『ゲーミングPC』の登場です。

最近のゲーミングPCは見た目も派手で、本体やキーボードがグリーンやレッドに光るモデルも見たことがある方もいるのではないでしょうか。

ゲーミングPCは大きく分けて2種類

ゲーミングPCは大きく分けて『自作』と『BTO』に分けれられます。

『自作』とは自作でPCを組み上げることなので、パーツを一つ一つ選び自分でマシンを1台完成させてしまいます。新品や中古をうまく組み合わせて安く作ることも可能ですし、限りなく最強のマシンを作ることも出来ます。しかし、パーツの知識やパソコン自体に詳しくないと、1台組み上げることは難しいため現実的ではありません。

『BTO』は『Build To Order』の略で、主にPCメーカーやPCショップでオーダーメイドで組み上げてもらいます。そのため、専門知識は基本的に不要なので安心して購入することが可能です。。

自分で組み上げる『自作』の時間とリスクを考えると、おまかせできる『BTO』が圧倒的にお得です。

しかし、組み上げることはメーカーやお店にお願いできても、どのパーツを選ぶのかは自分で決めなくてはいけないので、それなりの勉強は必要になります。

ゲーミングPCを購入するときに押さえておきたい4つのポイント

私がゲーミングPCについて知らなかったことはもちろん、しばらくMacを使っていたということもあり、一つ一つ調べていくうちに『3つのポイント』が重要ということがわかりました。

1・グラボはGeForce GTX 1060!
2・CPUはCore i7
3・メモリは16GB!
4・SSDとHDDの組み合わせ!

とにかくグラボが重要

ゲーミングPCはグラボで決まる!といっていいほどグラボが重要です。グラボとはグラフィックボードのことで、一般的なPCにはマザーボードに組み込まれていることが多いので、グラボの存在を知らない方も多いかと思います。

グラボはグラフィックを映し出すための部分で、複雑な3Dグラフィックも性能が良ければサクサク動きます。基本的に性能と価格は比例すると考えて良いので、高ければ早いと考えて良いでしょう。

私は『GeForce GTX 1060』という中堅クラスのものにしました。理由は最速ではないが、そこそこ動いて価格もちょうどいいイメージだったからです。イメージだけですので実際に購入するまでは体感できませんでしたが、十分に早かったです。

CPUでグラボの性能を引き出す

いくら性能の良いグラボを入れても、CPUの性能が貧弱であれば十分な性能を引き出すことが出来ません。PUBGをスムーズにやるにはCore i7を選んでおけば、細かいクロック数などは特に気をつけなくても問題ないと考えています。

メモリは16GBで安心

PUBGの推奨メモリサイズは6GB以上ということなので8GBあれば十分という考え方もできますが、メモリは十分に容量を取っておいたほうが安心と考えていますので16GBがおすすめさせていただきます。

私の本業はWebクリエイターなのですが、デザイン案を制作する場合にはPhotoshopを使用するため、ランディングページなどの縦長サイトの場合はメモリをとにかく消費します。そういう意味でも余裕があったほうが良いと考え16GBにしています。

SSDとHDDを組み合わせる

最近では、MacBookでもそうなのですが、『SSD』というHDDよりも早い記憶装置が主流になってきています。非常に高速なメリットがあるのですが、デメリットはHDDに比べて高価という点です。

本来であれば全てSSDにしたほうが快適なのですが、価格とのバランスが崩れてしまいます。そのためゲーム自体やPhoshopなどのアプリケーションははSSDにインストールして、データはHDDに保存することで使い分けています。

もちろんOSであるWindows10もSSDにインストールすることで圧倒的な速度で動きますので、ストレスを感じない操作が可能になります。

おすすめはドスパラのGALLERIA(ガレリア)

もしも初心者がゲーミングPCを購入するなら、ドスパラのGALLERIA(ガレリア)がおすすめです。

私の住んでいる地域では、実店舗も近く購入前には色々と質問させて頂きましたし、補償制度も充実していたのでサポートセンターへ電話をしてみましたが、詳しく教えていただきました。技術的なことは店舗、その他の事務的な問題はサポートセンターに聞くのが賢い方法です。

価格も安いものであれば10万円を切る本体もたくさんありますが、細かいことを考えずに余裕を持ってやりたいところです。時間がたっぷりあるのであれば、ゼロから調べて知識を増やし、パーツはヤフオクなどで安く手に入れれば良いことです。

しかし、そこまで時間や手間をかけてまでやりたいとは考えていませんでしたので『BTO』を選択したわけですし、ストレスなくゲームを楽しみたいと思っているのである程度のスペックは欲しいところです。

では、一番高いマシンを買ってしまえばよいのでは?と考える方もいるとは思います。しかし、本当にゲームをやり続けるかはわかりませんし、またMacに戻りたくなる心配もあったので、そこは慎重になりました。

バランスを考えてGALLERIA XTがおすすめ

価格と性能のトータル的にバランスが良いものを考えると『GALLERIA XT』がおすすめです。スペックは下記のとおりです。

◎ OS Windows 10 Home
◎ CPU インテル Core i7-8700 プロセッサー(6コア/HT対応/定格3.20GHz/TB時最大4.60GHz/L3キャッシュ12MB)
※ メモリー 16GB PC4-21300
◎ マザーボード インテル H370 チップセット搭載 ATX マザーボード
◎ ビデオカード NVIDIA GeForce GTX1060 6GB (PCI Express3.0)
※ SSD / HDD 240GB SSD + 240GB SSD + 1TB HDD
◎ 光学 ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
※ 電源ボックス オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)

※印の部分がカスタマイズしてアップグレードさせた箇所です。

この内容で税込み約18万円でした。モニターは付いていないのでプラスすると約20万円です。20万円でこれだけのスペックのものが揃うので、やはりMacに比べるとあきらかにお得です。気になる方がいましたら、お気軽にご質問ください。専門家ではないのである程度の知識にはなりますが、分かる範囲でお答え致します。

下記のページでは購入から2ヶ月経った使用感などを詳しく書きました。

私が購入したドスパラのGALLERIAの詳細情報はこちらからご覧になれます。

ヤマダソウイチロウ

プロフィール

ヤマダソウイチロウ・1975年3月7日生まれA型。Webクリエイター、Videoクリエイター、料理人の3足のわらじで活動しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

テクノロジーの関連記事一覧

MacからWindowsにメインマシンを移行し2ヶ月経過。良かった点・悪かった点などまとめます。

2018年5月24日
今回はドスパラのゲーミングPC『GALLERIA(ガレリア) XT』を購入して2ヶ月経過しましたので、実際にMacからWindowsに乗り換えて、良かった点・悪かった点についてまとめてみたいと

【母艦を移管】映像制作始めることになり考え抜いた末、ゲーミングPCのGALLERIAを購入。

2018年4月16日
ゲーミングPCを購入したので、購入の経緯やスペックなどご紹介したいと思います。 ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!

【Anker】Bluetoothスピーカー『SoundCore2』を購入したのでレビュー

2018年1月13日
以前から気になっていたワイヤレススピーカーの『Anker SoundCore2』を購入しました。SoundCore2を実際に使ってみて機能についてや良かった点などをレビューしていきます。

【Drone】ドローンの空撮以外の意外な利用性について

2017年9月18日
最近、テレビで空撮シーンがやたらと多い気がします。「これ、ドローンで撮ってるな」という印象で、ちょっと飽きてきた感じもしています。そんなドローンには空撮以外にも、様々な利用方法があるのでご紹介したい

【ネット通信環境】インターネットを賢く最安で!フリーランスは月々の通信費をトータルで考える。

2017年9月9日
皆さんは通信費に毎月いくら支払っているでしょうか。節約する手段として、格安SIMがオトクという記事をよく見かけるのですが、スマホ本体の購入代といったランニングコストや、通信速度という利便性を考えると

【通信費削減】格安SIMって、結局それほど安くないと思うのですが。

2017年9月5日
 今では定番となっている格安SIMですが、私の感覚では通信費という枠組みで考えた時に、あまり費用が安くないのではと考えています。今回は実際に格安SIMを利用することで、本当に経済的なのかをザックリと