PAGE TOP ▲

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ

TOP iPhoneXRにバンパーを購入。商品レビューと迷ったバンパー3選

iPhoneXRにバンパーを購入。商品レビューと迷ったバンパー3選

  • 公開日:2018年11月10日
  • 最終更新日:2018年11月10日
  • カテゴリ:

iPhoneXR購入からちょうど1週間が経過しました。ホームボタンがなくなったiPhoneには慣れてきたのですが、やはり若干の重さと丸み帯びた形状が、落としそうな不安感にかられます。ということで、iPhoneケースを買いに行ってきたのでレビューしたいと思います。


ヤマダソウイチロウ″><figcaption class=ヤマダ

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。お読み頂きありがとうございます!



オウルテック・ハイブリットアルミニウムバンパーを購入

私が今回購入したのはケースではなく『バンパー』を購入しました。バンパーとはケースのようなスマホの操作画面以外を覆い尽くすものではなく、側面だけを覆ったタイプです。機種変前に使用していたiPhone6sももちろんこのタイプ。

今回のiPhoneXRはイエローが気に入って買ったので、それを隠してしまうタイプは避けたかったのも理由にあります。本当はバンパーなしでも良かったのですが、ややずっしり来る重量感と丸み帯びた側面が落としそうな雰囲気を醸し出していたので購入に至ります。

ヨドバシカメラでの購入価格は2,680円とアルミニウムの割にはお手頃な感じです。Amazonなどでも送料込みで同額程度なので価格はだいたい同一価格かと考えられます。

バンパーを装着してみました

早速開封してバンパーの装着をしてみたいと思います。

形はかなりシンプルです。

特に透明のカバーもついていません。

実際に装着した感じです。枠が黒くなり引き締まった感じになります。

液晶画面側から見るとブラックとゴールドで色味は気にならないのですが・・・

元がコチラ。イエローとゴールドの色味があっていない感じがしてあまり好きではありません。

コチラが装着した写真。黄色が映えていてなかなかいい感じです。

背面のレンズの厚みが気になっていたのですが解消されました

背面レンズが飛び出ているせいか、テーブルなど平らなところに置いた際にガタガタしていたのが気になっていました。しかし今回購入したバンパーは四隅に厚みがある設計になっているため、フラットな状態で置くことが可能になったこと装着後に気づいたメリットです。

四隅が全て厚みがあるためレンズの厚みでガタガタすることはなくなりました!

バンパーには角があるため手にフィットします

写真で見ると微妙かもしれませんが、しっかりと角がついているため滑りにくく、持ち上げる瞬間も取りやすくなりました。

握った感じも角の部分がしっかりしているので安定感があります。

他に悩んだ商品はあと2つ

実際にヨドバシカメラで実物をいくつか見たのですが、バンパーと呼ばれるものはほとんどありません。実際には購入した商品を入れて3商品。購入に至らなかった2商品もここでご紹介したいと思います。

エレコム iPhone XR ケース 衝撃吸収 ZEROSHOCK バンパー

この商品を見た瞬間、角の衝撃吸収の構造がすごくて絶対壊れなさそうと思ったのですが、デザインが微妙だったため却下。特に背面のデザインが好きになれなくてて、性能よりもデザインを取ることにしました。デザインよりも性能重視の方はコチラが良いかも。

ESR iPhone XR ケース バンパー 6.1インチ

こちらは値段も1,000円代と低価格なのですが、素材感が少しチープに感じてしまい選ぶことはできませんでした。。。

まとめ

iPhoneXRを購入した人は背面カラーを潰したくない人が多いはずなのでバンパーはおすすめです。しかし種類が多くないのでデザインと性能のバランスを考えている『オウルテック iPhone XR 6.1インチ ハイブリッド + アルミニウムバンパー ブラック』がおすすめです。

もしもiPhoneXRのカバー選びで困っている場合はこちらをお試しいただけると幸いです。

ヤマダソウイチロウ

プロフィール

ヤマダソウイチロウ・1975年3月7日生まれA型。Webクリエイター、Videoクリエイター、料理人の3足のわらじで活動しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

テクノロジーの関連記事一覧