PAGE TOP ▲

時間と場所にとらわれない生き方・働き方をコンセプトに、おすすめできるモノ・コトを発信するブログ

TOP 「好き」を「お金」に変える心理学を読んでみて

「好き」を「お金」に変える心理学を読んでみて

  • 公開日:2018年8月29日
  • 最終更新日:2018年9月2日
  • カテゴリ:

最近のマイブームはメンタリストDaiGo。

YoutubeでDaiGoの動画を観たのがきっかけで、マジック要素の強かった以前のイメージとは違うことに驚きました。今では、コンサルや執筆活動がメインで、多くの知識があり勉強家の印象。

今回はそんなDaiGo著書、「好き」を「お金」に買える心理学を先日購入したので感想を。

ヤマダソウイチロウ(@sou16ooo)です。本日もお読み頂きありがとうございます!



無限ループというキーワードが印象的

この本を読んで印象的だったのは『無限ループ』というキーワード。お金を無限に生み出し、自由に生きるための考え方が書かれている。

そこで重要になるのが『お金の使い方』。お金は稼ぐだけでは幸せになれず、使い方にも注意が必要で、そこを間違えるとバランスが崩れてしまうという考え方。

物より経験を買う

なるほど。と共感できたのは180Pからの『物より経験を買う』という章。

無限ループでやってはいけないことは『好きなこと』と『得意なこと』以外にお金を使ってしまこと。言い換えると『消費』ではなく『投資』にお金を使いましょうという考え方ではないでしょうか。

高級な車や時計を買うことで、印象お金持ちというイメージになるがお金は生み出さない。本当に豊かな暮らしをするには、知識や技術を磨くためにお金を使い、稼いだお金で再投資していくことが『無限ループ』を実現できると書かれていた。

お金を生み出す

確かに、高級外車や腕時計を身に着けていると「この人は稼いでいる人」という表面上の良い印象は与えられる。しかし、そこからお金を生み出すことができなければ、稼ぎ続けるのは難しい。

この本の中で、とてもわかりやすかったかプロ野球選手の例。プロになり得ることができた大金を、高価なものだけに消費していくか、食事からトレーニングまで自分パフォーパンスを最大限に上げるためにお金を使うかの差であるということ。

結果は聞くまでもなく後者の方。自分で稼いで得たお金を、どれだけ自分に投資できるかがその後の自分が決まるポイントとなることが、よく分かる本でした。

「好き」を「お金」に買える心理学の購入はこちらから

発売は2017年なので、中古も豊富なため購入しやすいかと思います。

ヤマダソウイチロウ

プロフィール

ヤマダソウイチロウ・1975年3月7日生まれA型。Webクリエイター、Videoクリエイター、料理人の3足のわらじで活動しています。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

マネーの関連記事一覧